Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
原著
新潟大学医歯学総合病院における統合失調症患者の臨床的特徴と認知機能との関連
國塚 拓郎, 安部 弘子, 鈴木 雄太郎, 染矢 俊幸
新潟大学医歯学総合病院精神科
精神神経学雑誌 121: 344-355, 2019
受理日:2019年1月21日

 【背景】認知機能障害は統合失調症における最も重要な症状と考えられ,認知機能検査は患者の病態や予後を把握するため欠かせない検査であると考えられている.しかし,同検査の結果は,統合失調症の病態だけでなく,年齢や性別,罹病期間,抗精神病薬服薬量などの対象のもつさまざまな臨床的特徴に影響されていることが海外での先行研究で報告されているが,日本での研究はいまだ少ない.そこで本研究では,日本人統合失調症患者を対象に臨床的特徴が認知機能検査の結果に与える影響を検討した.【方法】2010年10月から2015年3月の間で新潟大学医歯学総合病院精神科に入院した統合失調症患者111名(男性41名,女性70名)のカルテから統合失調症認知機能簡易評価尺度日本語版(BACS日本語版)の各下位検査粗点と粗点合計およびcomposite scoreを調査する.同様に,対象者の年齢,性別,発症年齢,罹病期間,教育年数,抗精神病薬服薬量,抗コリン薬およびベンゾジアゼピン(BZD)系薬服薬の有無,簡易精神症状評価尺度(BPRS)得点の調査を行い,それらの関連性を検討するために重回帰分析を行った.なお,本研究は新潟大学医学部倫理委員会の承認を得ている.【結果】言語性記憶に罹病期間(R2=0.066,P=0.004)が,作動記憶に男性,教育年数,罹病期間(R2=0.178,P=2.49E-5)が,運動機能にBPRS得点と教育年数(R2=0.088,P=0.003)が,注意と情報処理速度にBZD系薬服薬,教育年数,年齢(R2=0.161,P=7.01E-5)が,遂行機能に男性,教育年数,年齢(R2=0.209,P=3.37E-6)が,粗点合計に教育年数,年齢,BZD系薬服薬(R2=0.183,P=1.80E-5)がそれぞれ寄与する要因として挙げられた.【結語】本研究はいまだ報告がない比較的急性期で入院中の日本人統合失調症患者を対象とし,BACS日本語版を用いた研究である.本研究の結果から,こうした一群においても日本人統合失調症患者の認知機能にはさまざまな臨床的特徴が影響していることが明らかとなった.

索引用語:統合失調症, 認知機能, BACS日本語版>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology