Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

最新号

第122巻 第8号

最新号の電子書籍の会員様への公開、非会員様への販売は、最新号オンラインジャーナルの公開から1週間程度いただく場合がございます。
巻頭言

今後の総会はどうあるべきか
上野 修一
精神経誌. 122 (8): 559-559, 2020

総説

精神・神経疾患の脳内回路と分子の可視化
須原 哲也
精神経誌. 122 (8): 561-572, 2020

資料

東日本大震災後8年間の宮城県沿岸部の自殺死亡率の動向
大類 真嗣, 原田 修一郎, 佐伯 涼香, 佐藤 喬二, 小堺 幸, 林 みづ穂
精神経誌. 122 (8): 573-584, 2020

症例報告

発作に先行する心因が明確なため長年心因性非てんかん性発作と診断されていた側頭葉てんかんの1例―てんかん診療における精神医学的評価を含めた集学的診断の重要性―
庄司 瑛武, 谷口 豪, 西村 亮一, 岡村 由美子, 近藤 伸介, 笠井 清登
精神経誌. 122 (8): 585-593, 2020

特集 患者の違法薬物使用を知ったとき,精神科医はどうふるまうべきなのか?

薬物依存症臨床における守秘義務の重要性
成瀬 暢也
精神経誌. 122 (8): 594-601, 2020

特集 患者の違法薬物使用を知ったとき,精神科医はどうふるまうべきなのか?

麻薬中毒者届出制度の意義と課題
松本 俊彦
精神経誌. 122 (8): 602-609, 2020

特集 患者の違法薬物使用を知ったとき,精神科医はどうふるまうべきなのか?

公務員の犯罪告発義務をめぐる問題
柑本 美和
精神経誌. 122 (8): 610-615, 2020

特集 患者の違法薬物使用を知ったとき,精神科医はどうふるまうべきなのか?

構造的スティグマがもたらす通報―薬物使用者の権利擁護の立場から―
古藤 吾郎
精神経誌. 122 (8): 616-622, 2020

地方会報告

第38回信州精神神経学会
精神経誌. 122 (8): 623-628, 2020

PCNだより

PCN Volume 74, Number 3の紹介
精神経誌. 122 (8): 629-634, 2020

書評

ボクはやっと認知症のことがわかった―自らも認知症になった専門医が,日本人に伝えたい遺言―
評者 今村 弥生
精神経誌. 122 (8): 635-635, 2020

学会活動報告

学会活動日誌(2020年6月)
精神経誌. 122 (8): 636-637, 2020

編集だより

編集後記
布村 明彦
精神経誌. 122 (8): 638-638, 2020

編集だより

次号予告
精神経誌. 122 (8): 639-639, 2020

編集だより

書評献本リスト
精神経誌. 122 (8): 640-640, 2020

Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology