Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

目次

第109巻 第4号

巻頭言

精神科を取り巻く状況
小島 卓也
精神経誌. 109 (4): 303-303, 2007

総説

統合失調症とビリルビン代謝障害
宮岡 剛
精神経誌. 109 (4): 305-312, 2007

臨床報告

精神科医療施設で診療する不登校・社会的ひきこもり
辻本 哲士, 大門 一司, 泉 和秀, 澤井 真樹, 岩重 達也
精神経誌. 109 (4): 313-320, 2007

シンポジウム うつ病と統合失調症の病前性格と発症脆弱性

うつ病と統合失調症の病前性格と発症脆弱性
岡崎 祐士
精神経誌. 109 (4): 321-322, 2007

シンポジウム うつ病と統合失調症の病前性格と発症脆弱性

うつ病の病前性格と発症脆弱性―行動遺伝学からの提案―
大野 裕
精神経誌. 109 (4): 323-327, 2007

シンポジウム うつ病と統合失調症の病前性格と発症脆弱性

感情障害の発症脆弱性
三國 雅彦, 福田 正人, 池田 研二, 井田 逸朗
精神経誌. 109 (4): 328-332, 2007

シンポジウム うつ病と統合失調症の病前性格と発症脆弱性

出生コホート研究による病前因子と統合失調症の発症
西田 淳志, 谷井 久志, 西村 幸香, 梶井 直美, 井上 顕, 岡崎 祐士
精神経誌. 109 (4): 333-338, 2007

シンポジウム うつ病と統合失調症の病前性格と発症脆弱性

脳形態画像による統合失調症の発症脆弱性
鈴木 道雄, 高橋 努, 周 世昱, 川﨑 康弘, 倉知 正佳
精神経誌. 109 (4): 339-345, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)
一瀬 邦弘
精神経誌. 109 (4): 346-347, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

電気けいれん療法治療ガイドライン策定作業の今後の方向性と課題
粟田 主一
精神経誌. 109 (4): 348-353, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

電気痙攣療法の新しい適応の可能性―疼痛緩和治療への応用―
土井 永史
精神経誌. 109 (4): 354-360, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

電気けいれん療法の歴史と現状
本橋 伸高
精神経誌. 109 (4): 361-364, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

電気けいれん療法の再評価―精神科治療の全体の迅速性、均質性、社会復帰の促進の中で―
澤 温
精神経誌. 109 (4): 365-372, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

治療抵抗性うつ病に対する高頻度磁気刺激の治療効果―血中カテコラミン及びBDNFの観点から―
行正 徹, 上田 展久, 吉村 玲児, 中村 純
精神経誌. 109 (4): 373-378, 2007

シンポジウム 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)

指定討論 電気けいれん療法の再評価(磁気刺激療法を含む)に対する指定討論―その作用機序と有害事象―
山口 成良
精神経誌. 109 (4): 379-380, 2007

教育講演

SSRIの功罪―新規抗うつ薬の光と影―
田島 治
精神経誌. 109 (4): 381-388, 2007

専門医を目指す人の特別講座

不安障害の診断と治療―パニック障害、社会不安障害、強迫性障害―
傅田 健三
精神経誌. 109 (4): 389-397, 2007

専門医制度委員会企画

第11回専門医制度委員会企画 気分障害
山脇 成人, 高橋 輝道, 今中 章弘, 木下 亜紀子
精神経誌. 109 (4): 398-402, 2007

地方会報告

東京精神医学会第77回学術集会
精神経誌. 109 (4): 403-406, 2007

編集だより

編集後記
篠崎 和弘
精神経誌. 109 (4): 411-411, 2007

Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology