Advertisement第119回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第124巻第3号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
原著
本邦のプロフェッショナル演奏家におけるMusician's Dystonia発症前後のストレスに関する実態調査
野網 惠1)2), 坂本 崇1), 髙橋 祐二1)
1)国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院脳神経内科
2)一般社団法人長谷川メンタルヘルス研究所
精神神経学雑誌 124: 157-167, 2022
受理日:2021年11月9日

 Musician's dystoniaは音楽家生命を脅かす神経疾患である.症状増悪にはストレスの関連が示唆されている.本研究では,musician's dystonia発症前後のストレスを心理学的に検討し支援へと展開するために,17名のプロフェッショナル演奏家を対象として出来事への体験,QOL,感情,認知,動機づけ,対処スタイルに関する質問紙調査を行った.その結果,これまでに何らかの「強いストレスを伴う出来事」を体験した者は14名(82.4%),musician's dystonia罹患を「強いストレスを伴う出来事」と評価した者は12名(70.6%)でその全員がmusician's dystonia罹患を「もっとも強いストレスとなった出来事」と回答した.さらに,musician's dystonia発症周辺期における低い「日常役割機能(身体/精神)」と「心の健康」,発症後における高い「自己に関する否定的な認知」,「トラウマに関する自責の念」および演奏中の「状態不安」が示された.これらの結果は,プロフェッショナル演奏家にとってmusician's dystoniaが,自己否定的・自責的な認知的評価と演奏中の高い不安を長期間にわたって維持する広い意味でのトラウマティックなストレスとなりうることを示唆する.

索引用語:音楽家のジストニア, 職業性ジストニア, ストレス, プロフェッショナル演奏家>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology