Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第7号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
原著
精神科診療所受診患者における逆境的小児期体験と生涯トラウマ体験の頻度およびPTSD症状に関する横断調査
田中 英三郎1)4), 西川 瑞穂2), 大久保 圭策3), 亀岡 智美1)
1)兵庫県こころのケアセンター研究部
2)医療法人瑞月会かく・にしかわ診療所
3)大久保クリニック
4)ユニバーシティカレッジロンドン疫学・ヘルスケア研究所
精神神経学雑誌 123: 396-404, 2021
受理日:2021年4月7日

 【目的】本研究は,日本の一般精神科診療所の外来通院患者における逆境的小児期体験(ACEs)と潜在的トラウマ体験(PTEs)の頻度を一般人口のデータと比較した.また,PTEsを有する患者におけるPTSDハイリスク群の割合も明らかにした.【方法】研究協力同意が得られたX自治体のA,Bクリニックの診療記録の二次的データ解析を実施した.対象者は,X年Y月の1ヵ月間に,A,Bクリニック外来を受診した18歳以上(N=1,058)で,研究目的のデータ提供同意が得られた患者(N=1,011,同意率96%)のうち臨床診断が確定した1,008名である.提供されたデータの内容は,性別,調査時の年齢,臨床診断,ACEs,出来事チェックリストDSM-5版(PTEsを評価),改訂出来事インパクト尺度日本語版(PTSD症状を評価)であった.【結果】対象者の61%が1つ以上ACEsをもっており,88%が1つ以上PTEsをもっていた.これらは日本の一般人口調査の結果と比較して有意に高かった.さらに,少なくとも1つPTEsをもっている患者の半数以上が,PTSDのハイリスク群に該当した.【結論】本研究は,日本の一般精神科外来通院患者の多くがACEsやPTEsを抱えており,しかも診断横断的にかなりの割合で現在もPTSD症状を有していることを示唆した初の知見である.対象者がコンビニエンスサンプリングにより得られた患者であるため結果の一般化可能性には注意を要するが,一般精神科外来臨床でもACEsやPTEsにさらなる注意を向けていく必要があるだろう.

索引用語:逆境的小児期体験, 潜在的トラウマ体験, PTSD, 疫学>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology