Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第12号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
原著
わが国における精神科医の需給と二次医療圏間における偏在に係る研究―官庁統計による経時分析(2000~2018年)―
花岡 晋平1)2), 松本 邦愛2), 平田 豊明1), 長谷川 友紀2)
1)千葉県精神科医療センター
2)東邦大学医学部社会医学講座
精神神経学雑誌 123: 783-792, 2021
受理日:2021年7月19日

 【目的】長年,わが国における医師の需給と地理的偏在は大きな課題であるが,精神科医の状況を計量的に分析した研究は管見の限り2報のみである.本研究は,精神科におけるこの問題を分析することを目的とした.【方法】対象期間は2000~2018年とした.①新聞記事データベースより,精神科医の不足感を分析した.②供給に関して,医師・歯科医師・薬剤師調査(三師調査)より,医師実数,性・年齢構成,働き場所を分析した.③需要に関して,患者調査より,精神疾患による1年間の外来患者ののべ受診件数と退院患者ののべ在院日数を分析した.④地理的偏在に関して,三師調査の再集計データベースより,二次医療圏の人口10万対精神科医数を比較した.【結果】①精神科医不足に係る記事は,他科と比較して,件数,増え方とも少なかった.②精神科医数は,2000年と2018年を比較し1.44倍に増加した.女性割合は16.9%から22.9%,60歳以上は19.7%から28.6%,診療所勤務は14.9%から25.4%へ変化した.③精神科医1人あたり1年間の外来患者ののべ受診件数は1.31倍となった一方,退院患者ののべ在院日数は0.68倍となった.④精神科医1人以上5人未満の二次医療圏が77ヵ所から39ヵ所に減少した一方,10人以上15人未満の医療圏が79ヵ所から124ヵ所に増加した.【考察】結果からは精神科医の不足と偏在は改善傾向にあると考えられるが,これは多くの臨床現場の実感とは乖離していると思われる.この背景には,救急,児童,司法,総合病院など,専門領域の精神科医不足,児童相談所や介護施設など医療施設以外の精神科医不足などの影響が考えられる.しかし,これを本研究で用いた官庁統計から示すことは困難であるため,新たな調査などを行って客観的に裏づける必要がある.そのうえで,精神科医の組織的・構造的な配置の問題を解決し,各ステークホルダーの満足度を高める仕組み作りを検討する必要がある.

索引用語:精神科医, 偏在, 需要と供給, 二次医療圏>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology