Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
資料
台湾精神医学の発展と日本のかかわり―台大醫院精神部五十年紀要・日治時代精神病學史より―
平野 羊嗣1), 王 百慧2), 謝 明憲3), 黃 宗正3), 黒木 俊秀2), 神庭 重信1)
1)九州大学大学院医学研究院精神病態医学
2)九州大学大学院人間環境学府実践臨床心理学講座
3)國立臺灣大學醫學院附設醫院精神醫學部
精神神経学雑誌 121: 356-365, 2019
受理日:2019年1月17日

 国立台湾大学医学部精神科が1996年に出版した「台大醫院精神部五十年紀要」に掲載された日治時代精神病學史について翻訳を行い,他の資料より情報を追加したうえで,若干の解説を加えた.国立台湾大学(臺灣大學)は,7番目の帝国大学として,1928年に台北帝国大学(臺北帝國大學)として設立され,終戦後に現在の国立台湾大学に改名された.台北帝国大学時代,3人の高名な精神科医(中村讓,竹内八和太,中脩三)が台湾の精神医学の創成期に活躍し,その礎を築いた.台湾の精神医学は終戦とともに台湾初の精神科教授である林宗義に継承され,今日まで発展を遂げている.紀要には,日治時代の台湾における当時の授業の様子と,同国の精神医療の事始めの状況が克明に記録されている.これまで,日治時代の台湾の精神医学・医療の状況は,風祭や橋本らが報告しているが,本資料は現代の台湾の精神医学者による精神医学史という点で意義深く思われる.
  
 【お詫びと訂正】
  
 本論文について、図1と図3の写真が逆に印刷されるという誤りがございましたので,ここにお詫びとともに訂正いたします。
  
 オンラインジャーナルでは、訂正後(正)で掲載させていただいております。
  
 修正日:2019年6月20日

索引用語:精神医学史, 日本, 台湾, 日治時代>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology