Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第120巻第8号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
連載 精神科多職種チームの協働
日本精神神経学会 多職種協働委員会 企画
第9回
精神科多職種チームにおける病院薬剤師の役割
別所 千枝, 山田 雅彦
医療法人社団更生会草津病院薬局
精神神経学雑誌 120: 706-712, 2018

 薬剤師とは,患者の薬物治療における有効性の担保と安全性の確保,特に副作用および薬害防止に対して責任をもち,積極的に薬物治療に参画する専門職である.薬剤の特性を知る薬剤師は,薬学的な観点から処方を見直し,多職種に情報提供を行うだけでなく,医師と協働して有害事象の早期発見やアドヒアランス向上にかかわることができる.患者に有益な情報を医師へフィードバックし,患者の利益につながるよう精神科薬剤師は精神科医療に貢献できるものと考える.

索引用語:精神科薬剤師, 多剤併用, 大量処方, 処方適正化, 医師との協働>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology