Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第117巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
精神医学奨励賞受賞講演
第110回日本精神神経学会学術総会
One-carbon Metabolismに着目した統合失調症研究
木下 誠
徳島大学大学院医歯薬学研究部精神医学分野
精神神経学雑誌 117: 362-368, 2015

 DNAメチル化修飾やホモシステインの代謝にかかわるone-carbon metabolism経路に注目して,これまで統合失調症の病態解明研究を行ってきた.ゲノムワイドDNAメチル化修飾解析により末梢血において広範囲に統合失調症のDNAメチル化修飾変化を認めること,統合失調症患者において血漿ホモシステイン濃度が特定の遺伝子の末梢血のDNAメチル化修飾に影響を与えること,疫学観察研究のメタ解析により統合失調症患者において高ホモシステイン血症を認めること,メンデル無作為化解析により血中ホモシステイン濃度の上昇が統合失調症のリスクの原因であること,遺伝子関連研究のメタ解析により血漿ホモシステイン濃度に影響するメチレンテトラヒドロ葉酸還元酵素遺伝子のC677T多型が日本人において統合失調症の発症リスクであることを明らかにした.これらの知見は統合失調症の病態解明や治療法開発の一助になると思われる.

索引用語:統合失調症, DNAメチル化修飾, one-carbon metabolism, ホモシステイン, メンデル無作為化解析>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology