Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第116巻第10号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特別講演
第109回日本精神神経学会学術総会
Mind the Gap―より包括的な精神医学の構築にむけて―
澤 明
ジョンズホプキンス大学統合失調症疾患センター,医学部精神神経科,公衆衛生学部精神保健学科
精神神経学雑誌 116: 873-879, 2014

 現在の医学は,病気の本質を理解し治療成績を向上させるために,多様な学術的考え方,技術を組み合わせることが本質的となっている.21世紀に入り,ヒトゲノムの解読が完了し,脳画像技術が大きく発展した.このような発展に支えられ,生物科学的概念が入りにくいとされてきた精神医学の分野にも様々な新しい学術的専門性が流入してきている.DSM,ICDといった操作的診断基準の意義とは何であるか,それらの利点の限界はどのようなものであるかについての議論も,さらに重要なものになってきている.すなわち,精神医学の難しさは,究極的にはmind-brain problemもしくはmind-body problem(心脳問題もしくは心身問題)に帰着するが,さらにはそうした難しさゆえ,様々な仮説がドグマティックに乱立してしまうfactionalism(学派間の争い)によって,混乱が増強する傾向にある.それゆえ,「包括的な精神医学の概念」に対する問題設定は,精神医学にとって重要なものである.本稿は,精神科臨床においても有意義な「包括的な精神医学の概念」を構築していく上で,いかに最先端の生物科学や操作的診断基準に内在する考え方を活用,統合し,そして,その努力を若い世代に伝えていくべきか,について議論している.狭い考え方や専門性に拘泥しない知的キャパシティー,対人ネットワーク形成技能を育てていくような精神科における教育システムの整備が重要であろう.このような教育システムを定着させ,社会,家族,人間関係の中での一人の人間としての患者,をみることのできる医師(できれば国際的な医師)を育てていくことができるならば素晴らしいと考えている.

索引用語:精神医学, 操作的診断基準, 生物科学, 包括的な概念, 教育>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology