Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第124巻第7号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 倫理指針改正による多施設研究と試料・情報利用研究へのインパクト
人を対象とする生命科学および医学系研究に関する倫理指針のもとでの精神医学研究の課題とその対応
飯島 祥彦
藤田医科大学医学部生命倫理学
精神神経学雑誌 124: 457-462, 2022

 遺伝子解析研究を含む人間を対象とする精神医学研究は,2021年6月に施行された『人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針』(以下「生命科学・医学系指針」)を遵守して実施することが求められる.新しい生命科学・医学系指針では,中央審査,一研究一計画書,電磁的手法によるインフォームド・コンセント,研究協力機関など新しい概念が導入されている.このような新しい仕組みをうまく研究に活用することができれば,適正かつ効率的な研究実施につながる可能性がある.一方,生命科学・医学系指針のもとでは,研究における最終的な責任を研究責任者が負うなど,研究者は,以前より指針遵守を厳格に求められるようになっている.人を対象とする研究においては,個人を特定可能な試料や情報を利用するため,研究対象者のプライバシーの保護や研究結果の社会へのインパクトなどに十分配慮することが要請されている.研究対象者からの同意取得のあり方,ゲノム情報など試料・情報の共有のあり方,個人情報保護管理など安全管理体制,試料・情報の商業利用についての考え方などを検討する際には,関係法令や生命科学・医学系指針などの倫理指針を参照することになるが,最終的には研究者が決定しなければならない事項が多い.本稿では,生命科学・医学系指針を概観するとともに,これまで日本精神神経学会倫理委員会での議論にて経験した事例を考察し,科学的・倫理的に質の高い精神医学研究を実施するうえでの課題を明らかにした.

索引用語:精神医学研究, 研究倫理, 倫理指針, 中央審査, 電磁的手法によるインフォームド・コンセント>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology