Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 重症認知症の人にどのような終末期対応を提供するのか―「認知症診療医」認定更新のために―
認知症の人の医療選択に関する意思決定支援
成本 迅
京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学
精神神経学雑誌 123: 263-269, 2021

 身寄りのない高齢者や高齢夫婦のみの世帯が増え,認知症患者の治療方針決定をどのように行うかが課題となっている.精神科医は,認知症受け入れ病棟の主治医として,またコンサルテーションリエゾンや臨床倫理委員会の場でこのような課題に直面する.認知症の影響で治療の理解や判断が難しくなるため,本人の意思を反映させながら治療方針を決定していく意思決定支援が求められている.本人の同意をもとに医療行為を行う場合はその有効性を確認するための医療同意能力評価が必要であり,そこで低下がみられた場合は,多職種や家族を交えて本人の意思を推定し,意思決定支援を行う.事前指示やアドバンス・ケア・プランニングがあれば参考にし,それらがない場合でも,非言語的な反応に着目したりしながら意思を反映させる.医療同意能力評価には,理解,認識,論理的思考,選択の表明の4要素モデルが一般に用いられ,詳しい評価には半構造化面接法であるMacCAT-Tなどが用いられる.同意能力には,うつやせん妄,認知症に伴う行動心理症状や,認知機能の低下パターンが関連する.また,医療行為のリスクや複雑性,そして必要性によっても求められる能力は変わってくる.意思決定支援にあたっては,本人の意向を引き出すためのコミュニケーション技術や家族への支援も必要であり,精神科医としての専門性を発揮することができる.認知症患者が適切な医療を受ける権利を保証するためにも,治療方針決定プロセスに精神科医の積極的な関与が求められる.

索引用語:認知症, 医療選択, 同意能力, 意思決定支援>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology