Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第4号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 「共同意思決定」を生む対話についての検討―患者の権利,意思とはなにか―
精神科診察のなかで患者の権利,意思を尊重するとはどういうことか―コンピュータシステム“SHARE”開発研究からみえてきたこと―
伊藤 順一郎1), 福井 里江2), 松谷 光太郎3), 山口 創生4), 藤田 英親5), 種田 綾乃6), 板垣 貴志7)
1)メンタルヘルス診療所しっぽふぁーれ
2)東京学芸大学教育心理学講座
3)武蔵野大学大学院人間社会研究科
4)国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター
5)国分寺すずかけ心療クリニック
6)神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部
7)株式会社アクセライト
精神神経学雑誌 123: 206-213, 2021

 精神科の診察は,患者の自己申告による内容を主たる情報とすることが多い.この「自己申告」が安心できる安全な環境で行えるか否かで,診察の質は異なるものになってしまう.共同意思決定(SDM)は「少なくとも2人の人間(サービス提供者と利用者)が,情報を共有し,(支援の)選択肢や利用者の好み,サービス提供者の責任を議論し,ともに今後の行動(支援内容)について,両者が合意するための相互作用的なプロセス」(Matthias, 2012)と定義される.これは,処方などの治療内容を医療者と患者の対話のプロセスのうちに共同で決めていくということであり,患者の声を積極的に治療内容に反映しようとするものである.われわれは,SDMのためのコンピュータシステム『SHARE』を開発し,精神科診察を含めた,包括的なケアシステムに位置づけようとしてきた.SHAREは,ピアスタッフなどの協力を得ながら,診察の準備をするコンピュータシステムであるが,「わたしの意思」や「わたしの元気の鍵」「今日の診察での私の目標」などを明示することにより,患者が望んでいる生活や望んでいる治療内容を,日々の診察のプロセスで医療者に明確に伝え,中長期的な治療のながれが患者のあずかり知らぬものになることを防いでいる.SDMはその世界観として,医療者と患者の対等性の実現をめざしており,弱者の位置におかれがちな患者の人権を擁護し,患者・医療者の両者の責任のもとに治療内容を決めていく.したがって,SDMはその背景として,患者の処遇を非同意のうちに決めていくということが優位な環境では成立しない.SDMの発展は,日本の基本的な施策の方針である,地域生活中心の精神保健医療福祉システムの成熟とともにある.

索引用語:共同意思決定, コンピュータシステム, SHARE(Support for Hope And Recovery), 人権, 地域生活中心の精神保健医療福祉>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology