Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第4号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 「共同意思決定」を生む対話についての検討―患者の権利,意思とはなにか―
「意思決定支援」から「欲望形成支援」へ
斎藤 環
筑波大学医学医療系社会精神保健学分野
精神神経学雑誌 123: 179-185, 2021

 精神医学が治療対象とする患者の多くは,治療に対して両価的な感情を抱きがちであり,安定した治療意欲をもちにくい.こうした患者に対しては,意思決定支援の前段階で,國分功一郎の指摘した「欲望形成支援」が必要と考えられ,それは治療者の責任においてなされるべきである.フィンランドで開発された対話実践の手法/システム/思想である「オープンダイアローグ(OD)」では,対話を通じて患者が主体性を回復し,それとともに自分の欲望を見いだし,意思決定につなげるまでの,すべての過程が含まれている.ODにおいては治療者が治療方針を積極的に患者に示すことは好ましくないとされており,とりわけ議論,説得,尋問,アドバイスはタブーである.いずれも患者の主体性を抑圧し,患者から「力を奪う」ためである.これに対しODにおける7原則は,患者の主体性や自発性,あるいは欲望を尊重するための原則である.ODの実践で重要なのは,患者のニーズに柔軟に対応することと,患者の対人関係に修復的にかかわることである.安心・安全な環境のもとで,あくまでも対話実践を通じて,患者と家族の声に耳を傾け,それに応答すること.そこから多様な声が導き出され,どんな意見も否定されないポリフォニックな空間が形成されること.そうした空間において患者自身の主体性や自発性が回復されれば,それ自体が欲望形成につながること.ここまでの過程を協働作業として丁寧に進めることで,患者の意思決定は自ずからなされるであろう.

索引用語:意思決定支援, 欲望形成支援, オープンダイアローグ, リフレクティング>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology