Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第3号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 日常精神医療が自治体の自殺対策計画に貢献できること
自殺未遂者に対する精神科医療と地域保健福祉の連携
辻本 哲士1)2), 柴崎 守和2), 大門 一司2), 野口 俊文2), 千貫 悟2), 濱川 浩2), 松村 直樹2), 浅田 朋彦2), 大井 健2)
1)滋賀県立精神保健福祉センター
2)滋賀県立精神医療センター
精神神経学雑誌 123: 144-150, 2021

 自殺未遂者の再企図防止は自殺予防対策において大きな柱である.滋賀県では2011年以降,各圏域や市・町において,自殺未遂者の再企図防止対策を行ってきた.現在は県下すべての圏域で救急対応機関(警察,消防,救急告示病院)と地域支援機関(市・町,保健所),自殺対策推進センターなどの支援ネットワークが存在する.2017年は県全体で130件以上の自殺未遂者支援を実践した.滋賀県自殺未遂者支援体制検討会議も開催され,それぞれの圏域の特性を反映した事業を展開している.自殺未遂者支援事業を全県下で実施することで,共通した方向性で自殺対策が展開できる.基盤となる地域支援ネットワークのなかで,精神科医療は大きな役割を担っている.

索引用語:自殺未遂者, 救急告示病院, 行政機関, 相談支援>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology