Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第3号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
討論
英語文献の訳語について―DSM-5の“may”の翻訳をめぐって―
田宮 聡
姫路市総合福祉通園センター(ルネス花北)児童精神科
精神神経学雑誌 123: 121-125, 2021
受理日:2020年10月9日

 多くの精神医学関連文献が出版されている昨今,外国語で書かれた文献を参照する際に,第三者による翻訳で読むことは少なくない.そして,その翻訳を担当するのは,しばしば,翻訳や語学の専門家ではなく,精神医療関係者である.翻訳(ここでは英文和訳に限る)は,ただ単に英語を日本語に置き換えるだけでなく,原文の意に添った適切な訳語を厳選する,優れて創造的な知的作業である.本稿では,DSM-5診断基準の日本語版における“may”の訳語に注目し,翻訳作業の意義を改めて再確認する機会とする.DSM-5の診断基準で使用されている助動詞“may”にあてられる訳語には大別して3通りあり,「…かもしれない」「…こと(場合)がある」および「…してもよい」が用いられている.このうち,認可・許容を表現する「…してもよい」は本稿では取り上げない.「…かもしれない」と「…こと(場合)がある」はともに推量・可能性を表現する用法であるが,微妙なニュアンスの違いがあり,前者は個別ケースを対象とした視点でより主観的,後者は集団を対象とした視点でより客観的であると思われる.こうしたニュアンスの違いを考慮に入れたうえで,文脈に即したより適切な訳語を選択することが重要である.今後,精神医療関係者のあいだで,精神医学文献の翻訳技術にも関心が広がることを期待したい.

索引用語:翻訳, 英語, DSM-5, 診断基準>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology