Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第12号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 「内因性うつ病」を多面的に把握する
内因性うつ病を「実証的に」考える
玉田 有
国家公務員共済組合連合会虎の門病院分院精神科
精神神経学雑誌 123: 816-823, 2021

 内因性うつ病が,ほかの抑うつ病態からはっきりと区別される疾患単位なのか,抑うつ病態の重症例にすぎないのか,という議論には結論が出ていない.本稿では,内因性うつ病の存在を医学モデルにおいて実証的に証明する方法と,その難しさについて論じた.病気の存在を実証するためには,まずは因子分析やクラスター分析で,症候群を同定する必要がある.そして,その症候群と妥当性確認因子(validator)との相関を調べることで,診断の妥当性を検証しなければならない.しかしDSM-5のメランコリア基準を用いる限り,妥当性確認因子との相関を一貫して示すことは難しい.その理由の1つは,DSM-5のメランコリア基準が大うつ病性障害のクライテリアと重複していることである.また,内因性うつ病の症状には,患者がはっきりと言語化できない「異質性」があり,それを明示的に定義づけることが難しいという理由もある.これらの限界を克服するために,内因性うつ病の主要特徴である精神運動障害に基づいて内因性うつ病を定義づける方法や,プロトタイプ診断の尺度を用いる方法を挙げた.精神症状は実体として存在しているわけではなく,医師と患者の臨床的関係から生じた「対話的な共同構成物」という視点から考えれば,身体医学とは異なる水準の「実証性」が規定される必要がある.

索引用語:メランコリア, 実証主義, 精神運動障害, 妥当性, 異質性>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology