Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第10号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 児童虐待を予防する―産婦人科医,小児科医,精神科医のコラボレーション―
児童虐待の対策・予防に向けた家族支援における小児科医の役割
本村 知華子
国立病院機構福岡病院小児科
精神神経学雑誌 123: 654-660, 2021

 喘息などの小児慢性疾患を診察していると,薬を処方してもコントロールが不良のまま経過し入院を繰り返す難治例を経験する.家庭背景に貧困やひとり親家庭,母親の精神疾患などの問題があると治療効果が得られにくいことがある.また発達障害を合併したアレルギー児に対し服薬を指導する場面では,養育者の背景を理解したうえで子どもと意思決定を共有するアプローチが重要である.虐待などの不適切な養育(マルトリートメント)が小児慢性疾患の発症および経過に影響していることを,医療者,支援者が理解して患者および家族とかかわる必要がある.子どもを担当している児童精神科医,養育者を担当している精神科医が密に連携して情報を共有し,要保護児童対策地域協議会に参加してもらうことが望ましい.また,被虐待児が成長して若年で妊娠,出産する場合も多く,小児科(内科)医と精神科医両方から産婦人科医および保健師への情報提供を行っていくことが望まれる.虐待死を予防する取り組みを主導することは小児科医の使命である.しかし,子ども虐待の死亡事例では0歳が54%,特に月齢0ヵ月が全体の27%を占め,小児科を受診または健診を受ける前に虐待死している児や,なかには胎児虐待を受けている児も少なくない.新生児期に死亡することがないよう,ハイリスク養育者では妊娠中から産婦人科医が地域の保健師へ連絡し,小児科健診時に保健師の同行を促したい.また,ハイリスク養育者の特徴を知り,産婦人科医,精神科医と連携し行政に情報を集約する必要がある.今後,新生児,乳児の虐待死を予防するため,小児科医が中心となり地域の連携システムを構築していきたい.

索引用語:小児慢性疾患, 難治性疾患, 不適切な養育, 虐待死, 精神科-産婦人科-小児科周産期連携>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology