Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第10号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 児童虐待を予防する―産婦人科医,小児科医,精神科医のコラボレーション―
産科における胎児・児童虐待予防に向けた両親の支援と他科への引き継ぎの重要性
西郡 秀和
福島県立医科大学ふくしま子ども・女性医療支援センター発達環境医学分野
精神神経学雑誌 123: 647-653, 2021

 福島県児童相談所の2018年度報告書によると,0歳児の虐待相談件数は109件だった.虐待種別では,身体的虐待10%,心理的虐待81%,ネグレクト9%であり,主たる虐待者は,実父70%,実母26%だった.虐待者は実父の割合が高かったが,実母の割合が相対的に低い理由は,妊産婦・褥婦を対象としたメンタルヘルスケア事業の効果による可能性もある.われわれが環境省「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の追加調査として宮城県で2012~2014年に実施した調査では,産後1ヵ月の①抑うつ状態の頻度;父親11%(EPDS≧8点),母親14%(EPDS≧9点),②ボンディング障害の頻度(赤ちゃんへの気持ち質問票≧5点);父親16%,母親9%だった.父親の「抑うつ状態」リスク因子は,妊娠期の「抑うつ・不安障害(K6≧13点)」などだった.父親の「ボンディング障害」リスク因子は,「妊婦へのドメスティックバイオレンス(DV)既往」「抑うつ状態」「母親(パートナー)のボンディング障害」などだった.これらの結果から,妊娠期(胎児期)と産後では,母親のみならず,父親のメンタルヘルスのスクリーニングやケアも大切であることが改めて示された.産婦人科医,小児科医,精神科医のコラボレーションについて,日本産科婦人科学会・日本産婦人科医会の『産婦人科診療ガイドライン―産科編2020』では,産褥精神障害の取り扱いとして「診断・治療に際しては,精神疾患に関する知識・経験が豊富な医師に必要に応じて相談するとともに,医療・行政を含めた継続的支援体制の構築を検討する.推奨レベルB」となった.産科でのフォローは,基本的に,産後1ヵ月健診で終了する.したがって,これらの情報は精神科医や小児科医に確実に共有・引き継ぎを行い,両親と児童を胎児期からフォローしていく包括的なコラボレーション体制作りが必須である.このためには,精神科医の理解と協力が必要不可欠である.

索引用語:産後の抑うつ, ボンディング障害, 父親, 母親>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology