Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第8号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 患者の違法薬物使用を知ったとき,精神科医はどうふるまうべきなのか?
薬物依存症臨床における守秘義務の重要性
成瀬 暢也
埼玉県立精神医療センター
精神神経学雑誌 122: 594-601, 2020

 依存症患者の薬物使用は,「人に癒されず生きにくさを抱えた人の孤独な自己治療」という視点が最も適切である.患者の自己評価は総じて低く,自己否定感や羞恥心をもち,見捨てられる不安も強く,誰にも心を開けないケースが多い.依存症からの回復には,人と信頼関係を築き,人に癒されるようになることが不可欠である.そのために,「守秘義務が順守された正直になれる安全な場所」が必要になる.とくに覚せい剤の使用は,それ自体が犯罪である.やめられないから受診したいのに,通報される不安から受診できない.守秘義務の重要性を,「ようこそ外来」「LIFEプログラム」,自助グループ(NA),ダルクを例に報告した.ハームリダクションでは,患者が薬物を使っているか否か,それが違法であるか否かにかかわらず,患者の困っていることを支援する.「薬物をやめさせる支援」ではなく,その背景にある「生きにくさへの支援」を行うことが,依存症治療の基本である.依存症患者の薬物使用は,懲らしめるべき「悪」ではなく,回復をめざす「症状」として捉えるべきである.守秘義務の順守は最低限治療者に求められる態度であり,治療の命綱である.これが保障されない場所で信頼関係は築けず,回復は生まれない.回復に必要なものは,「信頼できるひと」と「安心できる居場所」である.

索引用語:薬物依存症, 守秘義務, 依存症治療, ハームリダクション>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology