Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第10号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 ICD-11 に収載された複雑性PTSD の理解と治療―トラウマケア技法の実際―
ホログラフィートークの複雑性PTSDに対する適応の可能性
嶺 輝子
アースシー・ヒーリング・セラピー
精神神経学雑誌 122: 757-763, 2020

 このたび,ICD-11において複雑性PTSD(CPTSD)が正式な診断基準として採択された.これにより,これまで正しい診断・治療を受けられなかったCPTSDの患者(Cl)達が治療を受けられる基盤が整ったわけだが,今後はその治療をどのように行うかが重要課題になる.CPTSDとは,傷を受けやすい若年期の発達段階において,養育者からの加害や放棄による重度のストレス要因に継続的あるいは長期間曝された結果,引き起こされるトラウマである.CPTSDからの回復にはそのトラウマを解消し,安定化を促進させ,ライフスキルを獲得させる必要がある.本論文では,重なり合うトラウマ記憶のなかから根源の問題を見いだし,物心もつかない時期に端を発する愛着の問題を解消する技法として著者が考案したホログラフィートークという心理療法を紹介する.この治療技法は,トラウマを処理し,安定化とリソースの獲得を行う心理療法であり,特にCPTSDや解離症群,物質関連障害および嗜癖性障害群,トラウマ由来の身体症状症に適応可能性がある.

索引用語:複雑性PTSD, 心理療法, トラウマ・インフォームド・ケア, 愛着障害, 心理的逆転>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology