Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第6号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 摂食障害,その人格の病理,社会的背景の影響と治療的意味―痩せすぎモデル禁止法に向けて―
人格の病理としての摂食障害―痩せすぎモデル規制に向けて―
永田 利彦
壱燈会,なんば・ながたメンタルクリニック
精神神経学雑誌 121: 492-500, 2019

 摂食障害において人格の病理にみえるものは混沌とした異常な摂食行動の結果にすぎず,体重さえ回復すれば治るとする意見をBruch, H.は生涯にわたって批判し続けた.しかし,体重が低すぎては精神療法が不可能なだけではなく,命を落とす危険さえある.摂食障害行動には厳しく,人格の病理(生きづらさ)には暖かくの両方が必須である.それには生きづらさのなかで生きてきたことへの賞賛を通じて人格の病理をvalidationし(承認,認証,有効化などと訳されるが,それらは本来の意味を体現していないので本稿ではそのまま使用している),一方で摂食障害を手放すように厳しく接する.背景にある人格の病理に合わせて精神科看護師,力動的精神療法,認知行動療法を行う臨床心理士と協働,積極的に治療介入することで摂食障害専門病棟の手を借りずに精神科診療所で完結する摂食障害治療が可能となる.青年期という重要な時期に若年女性がダイエットにのめり込み,摂食障害に陥り,生きづらさを本格化させないためにも,痩せ礼賛の象徴である痩せすぎモデルの規制が必要である.

索引用語:摂食障害, 痩せすぎモデル, パーソナリティ障害, 外在化, validation>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology