Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法の適正使用指針について
反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法の適正使用指針について―うつ病に対するrTMS治療に関する世界のガイドラインの観点から―
野田 賀大
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
精神神経学雑誌 121: 376-383, 2019

 反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)療法は,1993年にHöflich, G. らがうつ病に対する臨床応用をケースレポートとして報告したのを嚆矢として,以来欧米を中心に,うつ病に対するrTMS臨床研究がなされるようになった.2002年にはカナダ保健省が,2008年には米国食品医薬品局が,治療抵抗性うつ病に対するrTMSの医療機器としての使用を認可した.さらに,本邦でも2017年9月にようやく厚生労働省が,特定のrTMS治療機器に関して薬事承認し,2018年4月には日本精神神経学会が厚生労働省からの依頼を受け,うつ病に対するrTMSの適正使用指針を策定した.今回は,同適正使用指針の基本的な考え方や,今後の改訂に際して参考となる世界の動向を理解するための一助になればと考え,rTMS療法に関する世界のガイドラインを紹介したいと思う.

索引用語:ガイドライン, 反復経頭蓋磁気刺激療法, 治療抵抗性うつ病>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology