Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第3号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神病/統合失調症への早期介入―現在の到達点と臨床ガイダンス―
精神科領域における早期介入の伸展―日本における課題と展望―
水野 雅文
東邦大学医学部精神神経医学講座
精神神経学雑誌 121: 208-212, 2019

 精神疾患の早期介入に関心が向けられて,20年が経つ.この間,精神病の早期発見,早期治療の重要性が再認識され,予後改善のうえで最も重要なこととして,発症数年以内の治療臨界期における集中的機能回復と,精神病未治療期間(DUP)の短縮による脳構造への侵襲の低減が強調されている.世界的には,いくつかの国と地域において早期介入の実現に向けて熱心で包括的な取り組みがなされているが,日本も含め面での広がりをみせている国はいまだ少ない.精神疾患の早期介入の実現に向けて,日本における課題とさらなる伸展に向けての可能性を検討する.精神疾患についての全般的予防を推進するためには,学校と地域の連携,あるいは教育と医療の一層の相互理解が欠かせない.これには父母の理解も含まれる.国民総体のメンタルヘルス・リテラシーの向上にはなお時間がかかるものと思われるが,学習指導要領改訂の機会に全般的予防に向けて一歩を踏み出せたことは大きな進歩でありチャンスと捉えたい.

索引用語:精神保健, 学習指導要領, 予防, メンタルヘルスリテラシー, 早期介入>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology