Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第3号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神病/統合失調症への早期介入―現在の到達点と臨床ガイダンス―
早期精神病への心理社会的アプローチ―臨床ガイダンスの解説―
松本 和紀
東北大学大学院医学系研究科精神神経学分野
精神神経学雑誌 121: 201-207, 2019

 初回エピソード精神病(FEP)とそのリスク状態であるat-risk mental state(ARMS)への臨床研究と実践的取り組みは,近年,多くのエビデンスと経験を蓄積してきた.海外ではFEPとARMSを含む早期精神病について,複数のガイドラインやガイダンスが公表されているが,わが国でも,日本医療研究開発機構(AMED)の研究事業として「早期精神病の診療プランと実践例―予備的ガイダンス2017―」が公表された.本稿は,このガイダンスにそってFEPとARMSの心理社会的アプローチについて解説を行った.FEPとARMSのいずれにおいても,心理社会的アプローチは介入手段の中核と考えられており,一人ひとりの個別性を包括的に評価したうえで,長期的な予後の改善をめざす視点から,適切に介入方法を選択していくことが大切である.FEPへの治療の導入では,治療関係の構築に細心の注意を払う必要がある.全人的な包括的評価が必要であり,就労,教育,住居,対人関係,健康など,当事者にとって重要なニーズを理解し,これを満たすための介入が推奨される.また,ARMSに対しては,臨床的な異種性の高さを十分に理解したうえで,低強度の非特異的なアプローチから高強度の特異的なアプローチへと,必要に応じて段階的に治療法を選択することが推奨される.併存する症状や精神疾患に対しての標準治療を提供することも心がける.FEPとARMSは,異なる臨床病期にあり,それぞれに異なる特徴もある.臨床病期に応じた適切な診療を提供する必要がある.

索引用語:早期精神病, 初回エピソード精神病, at-risk mental state, 臨床的ハイリスク状態, 早期介入>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology