Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第1号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神科医が知っておきたい抗てんかん薬の使い方・付き合い方
知的障害を伴うてんかんの薬物療法
岩城 弘隆1)2), 兼子 直1)
1)医療法人清照会湊病院北東北てんかんセンター
2)東北大学大学院医学系研究科てんかん学分野
精神神経学雑誌 121: 24-29, 2019

 知的障害を合併していたとしても,てんかん治療の基本姿勢は,非知的障害例と変わらない.しかし,知的障害に伴うてんかんでは,超難治例の存在や薬剤の副作用の出現頻度などの相違点がある.また,問診や検査が十分に行えず,診断が困難な症例がある.まず,治療対象となる「てんかん発作」を見定め,患者や介護者の生活への発作の影響を考慮し,治療する.薬物療法による副作用は,患者だけでなく介護者のQOLにも大きく影響することが報告されており,実際に治療するうえで副作用のモニタリングが重要である.副作用のなかでも易怒性・興奮は,発作それ自体よりも介護者のQOLを大きく損なうことが知られており,特に注意が必要である.さらに,知的障害患者では,非知的障害患者と比較し,易怒性・興奮の副作用が出やすく,薬剤で体重が増加しやすく減少しにくいとされる.精神的にリスクのある患者には,精神安定化作用のある,または精神症状の副作用のリスクの低い抗てんかん薬を選択する.近年,てんかん症候群や病因を理解する重要性が高まっており,病因の理解をもとに,副作用のリスクを超える発作抑制効果が期待される薬剤があれば,リスクを覚悟しても試す価値がある.

索引用語:知的障害, てんかん, 抗てんかん薬, 副作用, 介護者>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology