Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第4号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
資料
東京都立松沢病院における身体合併症病棟の取り組みと課題
稲熊 徳也, 井藤 佳恵
東京都立松沢病院精神科
精神神経学雑誌 123: 169-178, 2021
受理日:2020年12月17日

 精神障害者も適切な身体合併症医療を受ける権利をもつ.しかし,わが国の施策は十分とはいえず,精神科における身体合併症医療体制は,各地域の実情に合わせて独自の運営がなされている.東京都立松沢病院では,1977年に身体合併症病棟の運営が開始された.本稿では,現在の当院における身体合併症病棟の取り組みと課題について資料を提供する.当院の身体合併症病棟の病床数は131床であり,2019年度は1,099名の新入院患者を受け入れた.患者の高齢化を背景に,認知症および統合失調症患者の繰り返す誤嚥性肺炎や骨折,消化器癌のための入院が多かった.需要の多さに対して,看護配置基準の低さなど医療経済面での課題のため利益率は低水準で推移した.精神障害者の権利を保障するためには,精神科身体合併症医療の体制をさらに整備する必要がある.

索引用語:身体合併症, 精神障害, 身体合併症病棟>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology