Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第9号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
資料
岐阜県ひきこもり地域支援センターにおける相談記録の分析―どのようなひきこもりが相談につながっているか?―
西尾 彰泰1), 安田 照美2)
1)岐阜大学保健管理センター
2)岐阜県精神保健福祉センター
精神神経学雑誌 122: 658-665, 2020
受理日:2020年5月9日

 本研究は,岐阜県のひきこもり地域支援センターにおける新規相談者の記録を分析し,対象者の属性を明らかにするとともに,就労経験の有無,就労期間の長さに注目し,不登校経験や,学歴,精神科診断名の有無などの属性との関係を明らかにした.その結果,岐阜県ひきこもり地域支援センターに相談する者は,内閣府による調査や,他の自治体における民生委員などによる調査と比較して,若年・高学歴・不登校経験者に偏っていることがわかった.また,不登校経験者は,継続的な就労につながりづらく,外出さえしない者が多い傾向があった.また,23歳以上の対象者を分析すると,不登校経験者のおよそ半数(45.8%)は就労経験がなく,不登校経験がない者は,3年以上の就労経験を有する者が最も多かった.最終学歴との関係をみると,中卒者以外は,1年以上の就労経験をもつ者のほうが,まったく働いたことがない者よりも多かった.精神科診断名との関係では,3年以上就労した者に,精神疾患を有する者が最も多かった(12.2%).

索引用語:ひきこもり, 不登校, ひきこもり地域支援センター>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology