Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第8号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
総説
精神・神経疾患の脳内回路と分子の可視化
須原 哲也
国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 量子生命科学領域
精神神経学雑誌 122: 561-572, 2020

 精神疾患の生物学的研究は治療薬の薬理作用の研究に始まり,それら薬物の標的分子のPETによるイメージングが可能になると,統合失調症におけるドパミンD2受容体やうつ病におけるセロトニントランスポーターやノルアドレナリントランスポーターの患者での定量値が報告されるようになった.しかし有意差が出る場合でも,健常者との重なりは大きく,明確な疾患での閾値の設定は難しいことがわかってきた.また,健常者のばらつきも性格傾向との関係が明らかになるなど,正常とされる一群のなかでも性格などの個人差に応じて神経伝達はある幅をもって調節され,精神疾患も正常との連続した変化があることがわかってきた.一方,機能的MRIで測定した安静時の脳活動から機能的結合を推定する方法からは,近年,精神疾患特異的な機能的結合の組み合わせが報告されている.しかし,回路機能の直接的検証には動物を用いた回路操作実験が必要であり,サルのような大型動物を対象に化学遺伝学(DREADD)による回路操作が開発されている.われわれはDREADDにおける人工受容体のPETでのイメージングを通じて,目的とした領域の人工受容体の発現量の定量化に成功し,さらに人工受容体を制御する高性能の薬剤deschloroclozapine(DCZ)も開発しており,今後この方法を使った回路操作実験から詳細な回路機能の解明をめざす.一方,人間で回路の機能をみるうえで障害部位の同定が可能である神経変性疾患は,特に症候との関係が明らかになってきているタウの蓄積を指標にすることによって回路機能の評価が期待できる.症候発現のメカニズムの解明は精神疾患,神経疾患ともに重要であり,そのためには疾患の症状に関連する責任回路や分子の可視化に加えて,動物での回路機能の検証など,臨床研究と基礎研究相互の連携が重要になる.

索引用語:PET, 神経伝達イメージング, 機能的結合, DREADD, タウイメージング>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology