Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第6号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
総説
精神科における高齢者てんかん診療のこつを探る
田久保 陽司1)2), 根本 隆洋1), 渡辺 雅子3)
1)東邦大学医学部精神神経医学講座
2)済生会横浜市東部病院精神科
3)新宿神経クリニック
精神神経学雑誌 122: 411-423, 2020

 海外の疫学研究で高齢発症てんかんは小児と同等かそれ以上に多いことが明らかになり,日本の久山町研究でも65歳以上のてんかんの有病率は10.3人/1,000人と報告され,精神科領域でも遭遇する頻度が増している.高齢者てんかんは,てんかん病型分類では焦点てんかん,発作型分類では焦点意識減損発作が多い.全身のけいれんに至らないことも多く,てんかんの症状であると認識されていないこともあるので,本人・家族に対する慎重な問診と家族による発作症状のビデオ撮影が診断のために有用である.非けいれん性てんかん重積状態では軽度意識障害が遷延し,診断には脳波検査が重要となるが,抗うつ薬などの精神科治療で惹起されることがあることを念頭におく.焦点意識減損発作が認知症症状と誤診されることや,一過性てんかん性健忘という健忘発作をきたす特殊な病態もあるため,認知症との鑑別が必要となる.また,軽度認知障害の段階からてんかんを併存しやすいことや,てんかん性放電が認知症を進行させることも報告されている.そのため,てんかんは認知症との鑑別疾患だけでなく,併存疾患でもあり,悪化要因であるといえる.高齢者てんかんは治療反応性が良好で,適切な治療が有効であるのみならず,認知機能に対して保護的に作用する可能性がある.抗てんかん薬の選択において,酵素誘導系抗てんかん薬は他の薬剤との相互作用により薬剤性骨粗鬆症や脂質代謝異常の原因にもなりうるために,非酵素誘導系抗てんかん薬の使用を優先的に考慮すべきである.意識減損する発作は交通事故などの原因になりうるために,適切な診断治療は社会的にも意義深いが,てんかんと診断されることへの心理的背景にも配慮しつつ治療すべきである.

索引用語:高齢者てんかん, 認知症, 一過性てんかん性健忘, 脳卒中後てんかん, 抗てんかん薬>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology