Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第9号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
原著
統合失調症患者におけるカタトニアと幻視の関連
山口 博行1), 早坂 俊亮1)2), 高橋 雄一1)3), 平安 良雄4)
1)横浜市立大学医学部精神医学教室
2)公益財団法人積善会日向台病院
3)横浜市立大学附属市民総合医療センター精神医療センター
4)医療法人へいあん平安病院
精神神経学雑誌 121: 683-688, 2019
受理日:2019年4月3日

 【背景】カタトニアは昏迷を含む多彩な精神・神経症状を呈する運動異常症候群である.カタトニアの治療には抗精神病薬は推奨されず,ベンゾジアゼピン系薬剤が第一選択となり,難治例では電気けいれん療法を施行する.統合失調症の急性期興奮状態の患者でカタトニア併発を判断するのはしばしば困難である.しかし,カタトニアを併発した場合の治療法は通常の統合失調症治療とは異なり,早期の鑑別が患者の予後にかかわる可能性がある.著者らはカタトニアに幻視を伴う症例をしばしば経験しており,幻視が統合失調症におけるカタトニア併発の鑑別点となるのではと考えた.本研究において,後方視的に統合失調症で入院した患者におけるカタトニアおよび幻視の出現頻度を診療録から調査し,両者の関連性を検討した.【方法】2016(平成28)年4月1日から2017(平成29)年3月31日に横浜市立大学附属市民総合医療センター精神医療センターに入院した統合失調症患者を対象とし,診療録を用い後方視的に幻視の出現頻度を解析した.統合失調症およびカタトニアの診断はDSM-5の基準を満たすものとした.【結果】統合失調症患者55名のうち,カタトニアを呈した患者は11名,幻視を呈した患者は11名であった.カタトニアと幻視を同時に認めた患者は7名であった.カタトニアを呈した群では幻視の出現頻度が有意に高く,また,興奮症状と幻視症状に相関がみられた.【考察】本研究の結果,統合失調症患者でカタトニアを認めた群において幻視の出現頻度が有意に高かった.DSM-5やBFCRSにおいて,幻視はカタトニアの診断基準に含まれないが,幻視の出現とカタトニアには関連がある可能性が考えられた.カタトニアにおいて幻視が出現する機序は不明ではあるが,幻視出現の有無を評価することで,早期の鑑別・治療につながる可能性が示唆された.

索引用語:統合失調症, カタトニア, 幻視, 夢幻状態>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology