Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第7号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 インターネット依存の現状と課題
自閉症スペクトラム障害に併存するインターネット依存症のスクリーニング,および介入の必要性
宋 龍平1), 牧野 和紀2), 藤原 雅樹3), 廣田 智也4), 大重 耕三1), 池田 伸1), 壺内 昌子5)6), 稲垣 正俊7)
1)岡山県精神科医療センター
2)埼玉県立精神医療センター
3)岡山大学病院精神科神経科
4)カリフォルニア大学サンフランシスコ校精神科
5)岡山市こども総合相談所
6)岡山市発達障害者支援センター
7)島根大学医学部精神医学講座
精神神経学雑誌 121: 556-561, 2019

 岡山県精神科医療センターでは,依存症専門外来,児童思春期専門外来を開設していることもあり,インターネット,スマートフォンの過剰使用を主訴に多くの中高生が家族に伴われて相談に訪れる.「インターネット依存ではないか」と著者らの外来を受診する患者には,自閉症スペクトラム障害(ASD)が疑われる例が多い.ASDは電子メディア,電子デバイス過剰使用との関連が以前から指摘されており,インターネット依存症(IA)のリスクファクターになりうる.そこで,児童思春期精神科外来におけるASDとIAの併存に対するスクリーニングや介入の必要性を検討するために,われわれは2016年に岡山県精神科医療センターの児童思春期精神科外来におけるASDとIAの併存率を調査した.その結果,児童思春期精神科外来に通院中のASDをもつ中学生の12.9%がIAと判定された.この判定割合は同時期に同年齢を対象に実施された岡山県での一般人口調査の4倍強であり,児童思春期精神科外来通院中のASD患者はIAのハイリスク集団であることが明らかになった.しかし,一般人口を対象とした他の研究でIAの自然軽快割合の高さが示されていることや,有効性が実証された児童思春期精神科外来で簡便に用いることができる介入法も開発されていないことを考慮すると,今回の結果のみから,児童思春期精神科外来に通院するASDをもつ者に対してIAのスクリーニングおよび介入を提供するべきかについては,さらなる検討が必要であろう.そこで,われわれは2016年の横断研究の参加者を対象としたコホート研究を実施し,2019年度中に論文として報告する予定でいる.これらの研究をもとに,児童思春期精神科外来通院中のASD患者におけるIAのスクリーニングおよび介入の必要性について,データに基づいて検討を重ねていきたい.

索引用語:インターネット依存, 自閉症スペクトラム障害, 児童思春期精神科>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology