Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第120巻第7号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
教育講演
第113回日本精神神経学会学術総会
リカバリーの時代とSST(生活技能訓練)
丹羽 真一
福島県立医科大学会津医療センター精神医学講座
SST普及協会会長
精神神経学雑誌 120: 592-600, 2018

 精神科治療のゴールは2つの「リカバリー」にあると考えられている.1つは「臨床的リカバリー」で,社会参加が実際に達成されていることである.もう1つは「パーソナル・リカバリー」で,当事者が積極的に社会参加する生き方を身につけていることである.生活技能訓練(SST)は対人コミュニケーションと日常生活の力を増す支援方法で,社会参加・「リカバリー」を促進することを目的としている.リカバリーはリハビリテーション,ノーマリゼーション,エンパワメントの包括的枠組みで進められる必要がある.これまで,SSTは基本訓練モデル,問題解決技能訓練,モジュールなど多様な伝統的な形で行われており,主として「臨床的リカバリー」をめざして行われている.ここではSSTを「パーソナル・リカバリー志向的」に行うことを提案したい.この目的を達成するためには,内発的動機づけ,認知機能,症状の主観的意味に注目する必要がある.第1に,SSTは当事者の希望に基づき,これまで以上に「希望志向」で行われるべきである.第2に,当事者がSSTに主体的に参加することを強めるさまざまな工夫を「共同創造」(co-production)の形で追求することである.第3に,生活技能の効果的学習を進めるSSTを認知機能への介入とともに行うことである.第4に,SSTは症状自己管理の領域をもっとカバーするように発展させられるべきである.患者の症状に対する態度は症状の主観的意味によりバイアスがかかり,客観的態度が妨害され,モジュールの価値がしばしば損なわれる.そこで,症状の主観的意味を扱うことにより既存のSSTモジュールを補完することが求められている.べてるの家の当事者が始めた「当事者研究」はこうした補完のモデルとなるものである.以上の4つの視点から強化されたSSTを「e-SST(empowered-SST)」と呼ぶことにしたい.最後にSSTは地域生活支援のコア技術として多領域で活用されることが期待されている.

索引用語:精神疾患, パーソナル・リカバリー, 生活技能訓練(SST), empowered-SST, 共同創造>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology