Advertisement第114回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第120巻第6号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
教育講演
第113回日本精神神経学会学術総会
適応障害の診断と治療
平島 奈津子
国際医療福祉大学三田病院精神科
精神神経学雑誌 120: 514-520, 2018

 適応障害の診断名はDSM-IIIで初めて登場し,ストレス因は必ずしも「圧倒される」ような質とは限らない「日常のストレス」とされ,また,精神病反応が除外されて「短期精神病性障害」に振り分けられて,「適応障害(adjustment disorders)」の現代的な概念が整った.しかし,その診断基準にはストレス因との時間的な因果関係以外に具体的な症状の記載がないことや,「他の精神疾患の基準を満たしていない」とする条件などから,しばしばゴミ箱的な診断と揶揄され,他の診断との異同などに関して議論の俎上に載せられている.同じようなストレス状況にあっても,適応障害と診断されるほどの症状を呈する人と,そうならない人がいる.それはパーソナリティの脆弱さゆえではなく,主観的な体験の差異にあることは,適応障害の診断にとって重要な認識である.適応障害との鑑別で最も重要なものはうつ病である.うつ病と診断するには症状数や持続期間が不足している場合,DSM-5では「他の特定される抑うつ障害(Other Specified Depressive Disorder)」に分類されるか,ストレス因の存在によって適応障害と診断される.しかし,適応障害の診断はストレス因の終息を見極める縦断的な診断が必要になるので,その時点では確定されず,一方,その病勢が進行中であれば,症状や持続期間が増して,うつ病の診断が濃厚になる.適応障害の治療研究は,極めて限定されている.薬物療法ならびに非薬物療法において,有意な有効性を示すものはほとんどみられない.その意味では,投薬は最小限にとどめる必要があるかもしれない.なお,適応障害では特に,治療自体が疾病利得となり,慢性化を招くことにならないように心がける必要がある.

索引用語:適応障害, うつ病, 閾値下, ストレス因, 疾病利得>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology