Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第120巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
精神医療奨励賞受賞講演
第113回日本精神神経学会学術総会
“こころ”に届く精神科医療を地域で追い求めて―精神障がい者の病と暮らしの回復を支えるために―
川室 優
医療法人常心会川室記念病院
精神神経学雑誌 120: 421-429, 2018

 わが国の精神科入院患者数は,今日もなお減少がみられないことが,国際的にも指摘され続けている.上越地域で,精神科医療サービスを提供する川室記念病院(旧名:常心荘川室病院)は,1960年代前半より精神障がい者のリハビリテーションに取り組んでいる.精神障がい者の退院を促進するためには,地域で精神科医療福祉従事者の一人ひとりが,精神障がい者が地域人として暮らすことを念頭に“こころ”に届く精神科医療を提供することが重要である.私は,1981年に病院附属のつくし荘・通過型共同住居(ハーフウェイハウス)を開設し,そこでの訓練後,移行型共同住居に転居させる居住ケアを実践した.また,1991年には精神障がい者の生活の場を地域に求めるため,上越つくしの里医療福祉協会を設立し,つくし工房(パン工房)などの就労ケア移行施設を開設して,就労ケアを実践し,地域におけるリハビリテーションの分散機能型サービスを強調して成果を得た.それと併行して,小中高生を含む地域の方々に障がい者理解を求め,“まあるいこころで共ににっこり-こころの理解を求めて-”をスローガンとした地域交流活動を継続している.さらに障がい者に対する偏見・差別解消のため,「つくしファームひまわり畑」を作り,小学生などを中心にひまわりを植栽した.そして,その種の提供に対し,障がい者のための就労支援によって搾油されたひまわりオイルと交換するシステムを形成し,精神障がい者の地域ケアの充実を実現した.

索引用語:地域交流活動, 地域居住および就労ケア支援, こころの偏見・差別, 精神障がい者リカバリー, 通過型・移行型共同住居>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology