Advertisement第114回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第120巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
精神医学奨励賞受賞講演
第113回日本精神神経学会学術総会
クロザピン誘発性無顆粒球症・顆粒球減少症の薬理ゲノム学研究
齋藤 竹生
藤田保健衛生大学医学部精神神経科学
精神神経学雑誌 120: 416-420, 2018

 クロザピンは治療抵抗性統合失調症の治療において有用であるが,一方で重篤な副作用である無顆粒球症を引き起こす.そこでわれわれはクロザピン誘発性無顆粒球症に関連する遺伝的因子の同定を目的とし研究を行った.まず,日本人のクロザピン誘発性無顆粒球症患者と顆粒球減少症患者を合わせた無顆粒球症・顆粒球減少症患者群50人と日本人健常対照者群2,905人について全ゲノムSNP解析を行った.その結果,有意水準を下回るP値を示すSNPが4つ同定され,すべてが6番染色体のHLA領域に位置していた(rs1800625,P=3.46×10-9,オッズ比=3.8).そのため続いて,無顆粒球症・顆粒球減少症患者群50人と日本人健常対照者群1,891人を用いてHLA関連解析を行った.HLA関連解析ではHLA-B59:01に有意な関連を認めた(P=3.81×10-8,オッズ比=10.7).次にHLA-B59:01を予測因子として用いて,顆粒球減少症患者群へのクロザピン再投与の可能性を検討した.顆粒球減少症患者群はクロザピン投与を続けた場合に,無顆粒球症へ進展する「潜在的な無顆粒球症患者群」と,無顆粒球症へ進展しない可能性の高い「非無顆粒球症患者群」の2つの群からなる混合集団であるというモデルを想定し,顆粒球減少症患者群のなかの「非無顆粒球症患者群」の割合を推計した.その結果,顆粒球減少症患者群のなかでは,約50%が「非無顆粒球症患者群」であった.さらに顆粒球減少症患者群におけるHLA-B59:01を用いた検査での「非無顆粒球症患者群」の陽性的中率は約60%であり,再投与した場合は約60%が無顆粒球症に進展しないと推計できた.これらの結果より,顆粒球減少症患者群においても,一部の患者に対しては,クロザピンの再投与は絶対的な禁忌ではない可能性があることが示された.

索引用語:治療抵抗性統合失調症, クロザピン, 無顆粒球症, 顆粒球減少症, 薬理ゲノム学>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology