Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第120巻第4号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
会長講演
第113回日本精神神経学会学術総会
当事者・家族のニーズに応える研究成果をめざして―精神医学研究・教育と精神医療をつなぐ―
尾崎 紀夫
名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野
精神神経学雑誌 120: 302-312, 2018

 当事者の方から,例えば「自動車運転の必要があるが,『病状や服用している薬剤の関係で,運転は控えるように』と主治医に言われている.このままずっと運転はできないのでしょうか」といった質問を受けることがある.これは同時に,われわれももつ臨床疑問であり,その答えを文献などで見つけることができない場合,自分たち自身で疑問を解決すべく研究をすることになる.これまでわれわれが,研究対象として選んだ臨床疑問として,精神疾患や向精神薬と自動車運転技能との関係などがある.また,神経性やせ症患者の家族から,「食事を摂らずやせてしまった娘は,自分をやせていると思わず,親の意見も聞かずイライラしているのですが,一体どうなっているのでしょうか」など,家族として当事者の疾病を受け入れ,支えるために必要な,病態理解に関する疑問もよく聞かれる.治療上も,validation(当事者の感情体験の正当性を治療者が承認して,適応的な側面を支持強化すること)を基本として関係性を構築するためには,病態の理解が欠かせない.われわれは,病態理解のために,摂食障害の画像研究などを実施してきた.同じく家族から,「息子は,統合失調症との診断がつかないまま抗うつ薬で治療を受けているうち調子が悪くなり入院しました.幻聴は消えたようですが,もとの元気な息子には戻りません.こんなことのないよう,診断法はないのでしょうか」との思いも寄せられる.病因を明らかにして診断法や病因に基づく根本的治療法の開発をめざし,統合失調症,自閉スペクトラム症,双極性障害など,精神疾患横断的なゲノム解析を出発点として,モデル動物やiPS細胞などを用いた病因の分子メカニズムを解明すべく基礎研究者と連携をとった研究も実施している.これら当事者・家族のニーズに応える多岐にわたる研究を行い,成果を得るためには,多様な志向性をもったphysician scientistと,研究を理解する臨床医の育成が肝要である.本論では,これまで著者が実施してきた,日々の臨床疑問の解決とともに,病因・病態の解明をめざした研究について振り返り,今後の方向性について言及した.

索引用語:患者・家族の要望, 臨床精神医学研究, 自動車運転, 神経性やせ症, ゲノム解析>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology