Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第124巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 子どもの自殺を防ぐために精神科医ができること
児童と青年の自殺再企図防止―危険因子と保護因子に鑑みて―
三上 克央
東海大学医学部医学科総合診療学系精神科学
精神神経学雑誌 124: 330-339, 2022

 児童と青年(以下,子ども)にとって,自殺未遂歴は自殺既遂の重要な危険因子である.したがって,自殺未遂者の臨床的特徴を把握し再企図を防止できれば,子どもの自殺既遂者数の減少を導きうる.本稿では,自殺未遂した子どもの再企図防止を目的とした治療的介入について,自殺の危険因子と保護因子に鑑みて考察した.自殺未遂者の多くは,身体加療目的で救急施設に搬送される.この救急施設での医療介入が,子どもにとっては精神科医療と出会う貴重な機会となり,自殺再企図防止目的の治療の端緒となる.そして,子どもの自殺再企図防止のためには,自殺の危険因子と保護因子を踏まえ,危険因子の軽減と保護因子の強化が重要である.この危険因子のなかで,実際に介入できる因子は限られている.まず,自殺の誘因となったライフイベントへの介入は最優先の課題である.次に,家庭問題を心理社会的要因とした症例では,家族の問題を直接の誘因としてだけでなく,長年にわたり存在する心理社会的準備因子の問題としてとらえる必要がある.すなわち,このような症例では,治療者は,精神医学的診断の評価や薬物療法の要否にかかわらず,本人の生育歴を整理し,本人が幼少期から身近な者に適切な援助を求める経験が乏しいまま現在に至ったことを自殺の心理社会的準備因子ととらえたうえで,治療的介入を行うことが望ましい.さらに,精神疾患を考慮する際,子どもの症例では自閉スペクトラム症を念頭におく必要がある.一方,学校と家庭は,本人にそれぞれへの帰属意識があれば,保護因子となる.家庭の場合,情緒的に交流する家族であれば,本人は家庭に帰属意識を抱く.そのために治療者は,本人の心理社会的準備因子へ介入する必要がある.このように,生育歴を踏まえた自殺の心理社会的準備因子への治療的介入は,自殺の危険因子の軽減だけでなく,保護因子の強化にも資する.さらに治療者は,保護因子強化のため,地域施設との連携を強固にし,本人の心理的な居場所を確保する必要がある.

索引用語:子ども, 自殺再企図防止, 危険因子, 保護因子, 自殺の心理社会的準備因子>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology