Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第124巻第5号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 子どもの自殺を防ぐために精神科医ができること
子どもの自殺の基礎知識
太刀川 弘和
筑波大学医学医療系臨床医学域災害・地域精神医学
精神神経学雑誌 124: 308-314, 2022

 日本の自殺者数は2009年より減少してきていたが,20歳未満の子どもの自殺者数や自殺率は,この数年横ばいから増加に転じていた.さらに2020年には,新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって,年間総自殺者数は11年ぶりに増加に転じ,子どもの自殺者数は777人と過去40年間で最悪になった.これらの現況から,子どもの自殺予防は喫緊の課題である.そこで本稿では,子どもの自殺予防に取り組むために,子どもの自殺の基礎知識を概説することを目的とした.子どもの自殺の動機は,家庭不和,精神障害,進路問題が多いが,半数以上は不明である.心理学的には自我同一性確立に伴う対人葛藤が直接自殺リスクを高めやすいことから,子どもは自殺のハイリスク者といえる.予防介入としては,認知行動療法,家族療法,弁証法的行動療法などさまざまな治療の有効性が示されているが,セルフスティグマが援助希求を阻害するため,支援が難しい.援助希求を高めるべくSOSの出し方教育も近年始まっているが,実効性に疑義がある.コロナ禍によりコミュニケーションを制限されたことで子どものSOSがさらにみえにくくなり,自殺リスクの早期発見を困難にしていると思われる.子どもの自殺問題はコロナ禍において危機的状況にあり,家庭や教育現場のみならず,より社会的に強力な支援が必要である.

索引用語:自殺率, 自殺者数, 子ども, 生徒, コロナ禍>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology