Advertisement第118回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第124巻第4号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 金沢総会後50年―その後の学会の変革と将来への展望―
金沢総会当日のこと
山口 成良
社会医療法人財団松原愛育会松原病院
精神神経学雑誌 124: 239-244, 2022

 1969年(昭和44年)5月20~22日,第66回日本精神神経学会総会が,島薗安雄会長,大塚良作副会長のもと,当時の金沢市観光会館で開催され,会長講演,2つのシンポジウム,一般演題188題が発表される予定であった.しかし,金沢総会は公開評議員会と通常総会に終始し,学術発表は行えなかった.前日の5月19日の午前に理事会が行われ,午後1時すぎから金沢商工会議所中小企業会館で評議員会が開かれたが,一部評議員の提案により,公開評議員会となり,理事長の一般報告,昭和43年度事業報告および収支決算が承認され,その後各種委員会の報告,質疑・討論が行われたが,会場の使用しうる最終時刻(午後9時)が迫ってきたので,翌日予定されていたシンポジウム,一般演題,会長講演をとりやめて,公開評議員会を続行するという提案が議決された.5月20日は前日に引き続き公開評議員会が開かれ,理事会の不信任案が提出され,可決されたため,新理事が選出された.そして評議員会を再開したが,新理事会より評議員会をこれをもって終了し,総会議事に移るという提案が出され,可決された.5月21日,総会議事として,昭和43年度事業報告,収支決算報告が行われている途中,総会経費が問題となり,「第66回日本精神神経学会は製薬資本,関連病院の寄付や金沢大学医学部神経精神医学教室員の犠牲の上に立って行なわれてきた.このような従来の慣習は精神医療,精神医学のあり方をゆがめるものであったことを反省し,今後は学会員の負担によって運営していくことを決議する」という小澤勲提案が可決され,その後の学会運営の指針となった.引き続き昭和44年度事業計画および収支予算案が承認された.5月22日には,呉秀三賞選考委員会,学会賞選考委員会の結果報告があったが,後者の受賞者に選ばれた会員から,受賞の保留,辞退の発言が述べられ,学会賞授与は行われなかった.その後出席者が総会成立の定足数以下となり,会長は第66回総会を終了する旨の発言を行った.この第66回総会で論じられたことは,その後の「学会基本理念」となり,精神神経学雑誌の末尾に毎号掲載されている.

索引用語:金沢総会, 学術発表中止, 公開評議員会, 総会運営に関する決議, 学会基本理念>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology