Advertisement第119回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第124巻第12号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 摂食障害の連携指針と簡易治療プログラムの研究開発
摂食障害の治療支援ネットワークの指針と簡易治療プログラムの開発の背景と概要
安藤 哲也1)2)
1)国際医療福祉大学医学部心療内科学,成田病院心療内科
2)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所行動医学研究部
精神神経学雑誌 124: 849-854, 2022

 日本医療研究開発機構(AMED)「摂食障害の治療支援ネットワークの指針と簡易治療プログラムの開発」研究は,摂食障害について医療機関や自治体の連携を促進し,患者が早期に適切な治療を受けられるようにすることをめざして,2017(平成29)年度から2019(令和元)年度まで実施された.開発の目標は,(i)精神保健福祉センター,自治体の摂食障害の相談実態・認識・課題を調査すること,(ii)精神科,身体科および相互の連携指針とマテリアル作成をすること,(iii)摂食障害の非専門家が実施可能な簡易治療プログラムを開発すること,(iv)自治体と医療機関の連携モデルを作ることであった.研究組織は精神保健学,精神医学,心身医学の専門家の分担研究者とその協力者から構成された.本論では著者らのAMED研究の背景と全体像について概説し,次に摂食障害の治療支援ネットワークや連携の指針,簡易治療プログラムの必要性について説明する.最後に,本研究の成果である精神科領域の連携指針,受診案内・ロードマップ,身体化領域の連携指針,神経性やせ症の簡易治療プログラム,オンラインガイドセルフヘルプについて紹介し,今後の課題について述べる.

索引用語:指針, ガイドライン, 治療プログラム, 医療連携, 摂食障害>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology