Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第8号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 仮想症例から学ぶアルコール依存症の新ガイドラインと治療ゴール―断酒と減酒の実践的治療を考える―
仮想症例から断酒と減酒の使い分けを考える
宮田 久嗣
東京慈恵会医科大学精神医学講座
精神神経学雑誌 123: 487-493, 2021

 従来のアルコール依存症治療は,最も重症な依存症患者を対象としたものであった.したがって,治療の原則は患者自らがアルコール依存症であることを認めることで,治療法も断酒しかなかった.加えて,依存症患者は,病的な飲酒さえなければ,自立した生活能力のある人間として治療構造が形成されていた.しかし,最近,依存症患者には心的外傷を抱えていたり,発達障害やうつ病などの精神疾患を併発している,いわゆる生きづらさをもった人たちが存在し,生きるための安定剤としてアルコールを使用しているという理解がなされるようになった.このため,多様な患者に対して断酒一辺倒の治療戦略では対応できないことが明らかになってきた.このようななかで,動機づけ面接,随伴性マネージメント,認知行動療法などの新たな治療戦略とともに,飲酒量低減(以下,減酒と記載)治療が導入されるようになった.しかし,従来の治療法である断酒治療との使い分けや,どのような症例に減酒治療が適しているのかなど検討課題が多い.したがって,本稿では,仮想症例を用いて断酒治療と減酒治療の使い分けを考えることとする.

索引用語:アルコール依存症, 減酒, 断酒, ガイドライン, 仮想症例>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology