Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第6号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 同意取得が困難な事例を対象とした症例報告や研究における問題点と課題
当事者にとって症例報告の意味とは何か―同意取得が困難な事例を含めて,当事者・家族の立場からの検討―
夏苅 郁子
やきつべの径診療所
精神神経学雑誌 123: 354-360, 2021

 症例報告における本人同意の倫理規定を「煩雑な倫理上の縛り」「学問の自由に反する」ととらえる方もいるが,本人同意が担当医との信頼のうえで得られるものである以上,症例報告は当事者と医療者を結ぶ大切な絆である.当事者・家族は精神医学への信頼をもとに,精神医学の発展のために惜しみない協力をしたいと願っている.だからこそ,本人同意は原則必須なのである.医療では患者と医療者が対等性を保つことはかなり困難であり,患者・医療者双方が努力して「共同意思決定」を行うことが望ましい.しかし,本特集で取り上げる司法精神医学,児童虐待,ゲノム医療の3つは「司法における被告人,親に対する子,遺伝・ゲノムという高い専門性」という権力勾配があり関係者が対等性を保つことは一般医療に比してさらに難しい.また上記の3例は患者の個人情報という観点でも本人同意を一層困難とさせている.一方でこれら3つは,精神疾患の脳病態や環境,さらには取り巻く社会構造が複雑に絡んでいる可能性があり,3つにかかわる症例報告は精神医学への寄与が大きいと思われる.著者は当事者・家族の立場から,同意取得困難な事例も含めて「当事者にとっての症例報告の意味」という観点から考察を行った.昨今は当事者研究により「当事者や当事者の家族による学会発表」という新しい流れも出始めている.症例報告には,医学の進歩という目的以外に「当事者の回復につながる」「当事者のトラウマを生まない」「スティグマを助長しない」という意味が含まれるべきであり,この意味を支えるのは医療者との信頼関係である.学会は今後,オープンアクセスや当事者研究などの新しい動きに対応できるようなガイドライン作成を考える時期にきているのではないだろうか.

索引用語:倫理, 当事者, 家族, 症例報告, 同意>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology