Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第6号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 同意取得が困難な事例を対象とした症例報告や研究における問題点と課題
同意取得困難事例を対象とする症例報告や研究における問題点と課題―法律家の視点―
木ノ元 直樹
弁護士・第一東京弁護士会
精神神経学雑誌 123: 349-353, 2021

 特定の疾患を症例報告や研究の対象として取り上げ,学会,専門雑誌などに報告するためには,基本的に対象患者へ真摯な姿勢で同意を得ることが必要であることに異論はない.改正個人情報保護法においても,診療情報は要配慮個人情報として格別の保護が必要とされる情報として位置づけられている.しかしながら,精神疾患など,患者からの同意取得が困難な事例が存在することも事実である.従来は,どちらかと言えば推定的同意,同意の擬制などの理屈,あるいは代諾同意などの方策により同意取得原則を乗り越えようとする試みが多数だったように思われる.しかしながらそれはあまりにも技巧的であり,患者個人の意思からの遊離が甚だしいとの疑問は解消されない.そこで,異なる視点から同意取得原則を乗り越え,患者個人の人権に配慮しつつ必要かつ有意義な学術研究の道が適切に開かれるような理論の構築が望まれる.今回1つの試案を提示したい.

索引用語:個人情報保護法, 要配慮個人情報, 同意取得原則, 非識別化, 生命医学倫理>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology