Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第123巻第10号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 児童虐待を予防する―産婦人科医,小児科医,精神科医のコラボレーション―
小児総合病院における複数診療科,多職種連携による虐待予防―安定した精神状態での子育てを支援すること―
三宅 和佳子
大阪府立病院機構大阪母子医療センター子どものこころの診療科
精神神経学雑誌 123: 661-665, 2021

 養育者の安定した精神状態での子育てを支援することは,虐待予防にとても大切なことであると考える.小児総合病院である大阪母子医療センターでは,周産期部門,小児医療部門など多くの診療科と,診療を支えるさまざまな職種があり,虐待リスクが高い事例などには連携して対応している.周産期部門の産科では,妊娠期からの虐待予防に対する意識が定着しつつあり,ドメスティック・バイオレンス(DV)のスクリーニングや社会的ハイリスク妊婦の調査(若年,精神,社会的)を行い支援している.2012年に調査を開始したが,2016年の調査では年間分娩数1,547件のうち233件(15.1%)が該当し,精神的な問題を抱えている事例は64件(4.1%)であった.受診時,精神科に通院を続けている事例もあるが,通院を中断している事例,未治療の事例も多くある.妊娠継続して出産に備えるため同意が得られた事例では精神科の診察を実施し,出産後も継続した精神科通院が必要な場合には地域の精神科へ紹介し,保健師などを通じて連携するように努めている.出産後に子どもが通院する必要がある場合は,新生児科や小児医療部門と情報共有している.小児医療部門においても,養育者に精神状態の不安定さや精神疾患がある場合は多い.その際には,心理士や保健師などもかかわり,カンファレンスを行い,養育者の精神状態を考慮して子どものケアの負担を決めることや,関係機関と協力体制を作ることが重要となる事例もある.不適切な対応が子どもの発達に影響がある場合などには,児童精神科と連携して養育を支えるようにしている.虐待ハイリスクと判断した事例では,子ども虐待防止委員会において病院全体で情報共有し,周産期部門,小児医療部門,医療ソーシャルワーカー,保健師,心理士など複数科,多職種で連携して継続的に対応するようにしている.本稿では当院における,院内,院外のコラボレーションの現状について報告する.

索引用語:児童虐待, 小児総合病院, 産科, 精神科, コラボレーション>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology