Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第9号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神病理学の古典を再読する―DSM 精神医学の補完をめざして―
精神医学における疾患とは何か―Kurt Schneiderに学ぶ臨床精神病理学―
古茶 大樹
聖マリアンナ医科大学神経精神科学
精神神経学雑誌 122: 683-690, 2020

 Schneiderの主著『臨床精神病理学』は,精神病理学の教科書のように思われているが,その内容はJaspersの『精神病理学原論(総論)』のような網羅的内容ではない.診断学と分類に焦点を絞った,まさに「臨床」精神病理学なのである.その思想は,精神障害には疾患的であるものとそうでないものとがあるという前提に基づいている.その前提から出発し,精神医学における疾患定義に生活発展の意味連続性(の中断)という視点を導入し,精神障害を「心的あり方の異常変種」「身体的基盤が明らかな精神病」(器質性・症状性・中毒性精神病)と「身体的基盤が明らかではないが要請されている精神病」(内因性精神病)の3群に分けている.また精神医学における診断には,鑑別診断,鑑別「診断」,鑑別類型学,純粋な類型学の4種類があり,この順に診断の重み付けが軽くなる.彼は,精神医学の自然科学的側面を常に意識しつつ,実践的な臨床精神医学の確立をめざしていた.そのエッセンスが『臨床精神病理学』には詰まっている.今日,われわれはどのように彼の思想を活かしたらよいのかについても論じた.

索引用語:臨床精神病理学, 分類, Schneider, 理念型, ハイデルベルク学派>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology