Advertisement第117回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第122巻第12号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神科医療における身体拘束の現状と課題
精神病床での身体的拘束の法的・調査における視点の整理
山之内 芳雄1), 三宅 美智2)3), 臼田 謙太郎2), 月江 ゆかり2)
1)あいせい紀年病院
2)国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神医療政策研究部
3)岩手医科大学看護学部地域包括ケア講座
精神神経学雑誌 122: 930-937, 2020

 ここ10年間あまり精神病床での隔離・身体的拘束の増加という事実があり,その要因についてさまざまな意見が出ている.一般医療や介護施設における身体拘束の情報や,国際的な比較などと混同されることもある.しかしながら,わが国においては精神病床のみ法律による身体的拘束の違法性の阻却が定められており,また介護分野でいわれている身体拘束との定義の違いなど,整理しなければならない課題がある.また,一般医療などでは違法性を阻却するような法律がないなか,正当な行為なのかどうか議論が必要ともいえる.そして増加の要因に関しては,1999(平成11)年に約70%の病院が回答した調査があるが以降行われず,2003(平成15)年から総数の調査が始まったものの,要因を探索すべき患者属性は調査されていなかった.2017(平成29)年から患者属性情報も加わった調査が始まったが,増加要因を探索するには今後継続した調査が必要であろう.

索引用語:隔離, 身体的拘束, 精神保健福祉法, 違法性阻却>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology