Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第9号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 科学的エビデンスと脳基盤に基づくポジティブ精神医学―最前線と臨床応用の発展性―
ポジティブ精神医学の神経科学
高橋 英彦
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科精神行動医科学
精神神経学雑誌 121: 708-714, 2019

 精神医学に関連する心理学的研究は疾患の負の側面に焦点をあて,それを是正するような治療アプローチが中心であった.著者自身も,感情や情動といったテーマの認知神経科学的研究を行ってきたが,どちらかと言えば,ネガティブな感情を扱ったものが中心であった.近年,ポジティブサイコロジーが注目されるようになってきた理由はいくつかあると考えられるが,著者自身も臨床を通じてその重要性を感じるようになってきた.つまり,一旦,疾患を発病してしまうと回復するには相当な時間も含めたコストがかかり,それを未然に防ぐことが何より大切であること,再発例や難治例が少なくないこと,1つの疾患と同時に別の疾患も併発しがちであることなどを肌で感じたことにより,病気を未然に防いだり,再発や長期化・複雑化を防ぐには,ポジティブサイコロジーが重要と考え,この分野の研究を進めてきた.ポジティブサイコロジーの扱うテーマは多岐にわたるが,その神経科学的な研究はまだ少ない.さらに精神医学にポジティブサイコロジーを応用したポジティブ精神医学の神経科学的研究となるとさらに少ない.本稿では,自己に関する偏ったポジティブあるいは肯定的な評価・認知であるポジティブな幻想(positive illusion)に関する神経科学的研究と,ポジティブサイコロジーのなかでも重要なテーマである自己効力感を精神医学に応用した脳画像研究を自験例を中心に紹介する.

索引用語:ポジティブサイコロジー, ポジティブ精神医学, 神経科学, ポジティブな幻想, 自己効力感>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology