Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第9号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 科学的エビデンスと脳基盤に基づくポジティブ精神医学―最前線と臨床応用の発展性―
ポジティブサイコロジー理論によるポジティブ精神医学への発展
須賀 英道
龍谷大学短期大学部社会福祉学科
精神神経学雑誌 121: 700-707, 2019
受理日:2019年1月19日

 ポジティブサイコロジーが精神神経学会学術総会のシンポジウムに取り上げられて2019年で4年目となる.これまではこの学会シンポジウムを草分け的舞台として,Seligman, M. E. P.のポジティブサイコロジーの紹介や認知行動療法での応用,脳科学との関連,地域医療への発展性,ウェルビーイング実践手法などが取り上げられてきた.著者は自ら開発したウェルビーイング実践プログラムの紹介と,教育や臨床でのプログラム導入効果について報告した.特に臨床において,休職中のうつ病患者へのリワークプログラムにウェルビーイング実践プログラムを導入し,高い有効性が示されたことは,今後の日本の精神科臨床でのポジティブサイコロジーの活用の期待につながった.こうしたなかで,ポジティブサイコロジーの発祥の地でもある米国では最近大きな動きがみられる.それは2015年に,Jeste, D. V.とPalmer, B. W.によって「Positive Psychiatry」が発刊され,ポジティブサイコロジーが精神医学にも明確に組み入れられたことである.日本でも,2012年に大野裕を中心に日本ポジティブサイコロジー医学会が立ち上がり,ポジティブ視点を心理学から医学へと切り替える動きが始まり,このシンポジウムもその流れのなかで生じた.今回は,米国で立ち上がったこのポジティブ精神医学について取り上げ,これまでの精神医学との相違点や必要性,精神科治療と予防への応用,今後の発展性などについて紹介したい.ポジティビティーの視点については,精神医学分野以外ではレジリエンスや楽観性,エンゲージメントといったポジティブ心理社会性要因について,主観的なポジティブ感だけではなく,測定可能な客観的エビデンスとして数多く報告されてきた.しかし,こうした研究成果が日々の精神医療にほとんど影響を及ぼしてこなかったのが現況でもあり残念ともいえる.今後の日本でのポジティブ精神医学に対する評価が高まることが望まれるだろう.

索引用語:ポジティブサイコロジー, ポジティブ精神医学, ウェルビーイング実践プログラム, リワーク>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology