Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第9号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
原著
妊娠中の統合失調症の治療はどうすべきか―何が児に影響するか―
馬場 美穂1), 伊藤 弥1), 鮒田 栄治1), 長島 健太郎1), 志村 浩1), 東 彦弘1), 鈴木 成治1), 飯島 隆史1), 手塚 佳明1), 中田 裕1), 窪地 智也1), 兵藤 博信2), 清水 光政3), 糸川 昌成4), 伊澤 良介1)4)
1)東京都立墨東病院神経科
2)東京都立墨東病院産婦人科
3)東京都立墨東病院新生児科
4)東京都医学総合研究所
精神神経学雑誌 121: 689-699, 2019
受理日:2019年5月22日

 【目的】統合失調症の女性が妊娠したときに,抗精神病薬の投与をどうすべきかの判断は難しい.母親に必要な抗精神病薬が児に何らかの影響を与えるとする報告があるが,その場合,要であるはずの母親の心身の状態について言及がないものがほとんどである.今回われわれは,統合失調症の母親が内服する抗精神病薬が妊娠出産に及ぼす影響を調べ,母親の精神症状が妊娠出産に及ぼす影響も同時に検討した.【方法】2012年4月から2016年3月の4年間に都立墨東病院産科に出産や妊娠合併症のために入院した統合失調症の母親21例とその児について母親の統合失調症の治療状況,抗精神病薬内服量,妊娠後の抗精神病薬減薬の有無,母親の精神症状と児の先天奇形の有無,出生体重,Apgar score,母親が産科に入院となった時期,乳児院入所の有無について,診療録を用いて後方視的に調査し検討した.【結果】21例に児の先天奇形はなかった.母親が内服していた抗精神病薬は児や妊娠の経過に有意な負の影響を与えていなかった.一方,母親の精神症状が悪いと児の出生体重とApgar scoreは低くなり,母親が産科に入院する時期が早まり,児が乳児院に入所する割合が高くなった.また妊娠を理由に母親が内服する抗精神病薬を減らすと児の出生体重は有意に低くなり,児が乳児院に入所する割合が高まった.【結論】今回の調査では,母親の内服していた抗精神病薬の児や妊娠の経過への影響は認められず,むしろ母親の精神症状と妊娠後の抗精神病薬の減薬が有意な負の影響を与えていた.妊娠後も抗精神病薬を減らさずに妊娠中の母親の精神症状の安定に努めることが重要であることが示唆された.

索引用語:統合失調症, 妊娠, 出産, 抗精神病薬, 精神症状>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology